***** seminarMLから情報転載 *****


理研シンポジューム (埼玉・和光市) 第一回 生体分子の分離・解析法の進展 -自動化の最前線-



下記理研シンポジュームを開催します。参加希望の方は下記事務局までメール ファックスでご連絡ください。御参加をお待ちしています。


理研シンポジューム
第一回 生体分子の分離・解析法の進展
-自動化の最前線-

開催日時: 平成18年 2月 3日(金) 13:30-17:00
場  所:独立行政法人理化学研究所 鈴木梅太郎ホール
 (埼玉県和光市)
主  催:独立行政法人理化学研究所(バイオ解析チーム)

******************************************************
生体分子の分離・解析法は、ここ近年で目覚しい進歩を遂げている。理化学研究所内外の優秀な研究者を招待し、その独自な分析解析法およびその応用研究について御講演いただく。
第一回の今回は特にテーマを自動化と設定し、新進の若手研究者に特に装置開発に重点を置いて御講演をお願いした。ユーザーの側の研究者が自動化や装置開発に取り組む困難な点とそれを克服するための方法などを紹介していただく。自動化や装置開発を目指す研究者ばかりでなく、分離分析を日常的に行う研究者、技術者にも議論に参加していただき、研究者と機器開発の討論の場にしたい。
******************************************************

13:30  開会挨拶

13:45 中山 洋 先生(理研・バイオ解析)
「固相リアクタ-質量分析によるタンパク質自動分析」
14:30 内藤 康秀 先生(光産業創成大学院大学・光産業創成学科)
「質量分析カメラの開発構想と自動化への課題」
15:15 休憩
15:30 養王田 正文 先生(東京農工大学・工・生命工学科)
「遺伝子解析自動化技術の進歩」
16:15 菅原 光明 先生(理研・宮野構造生物物理研究室)
「蛋白質結晶化観察ロボットシステム「TERA」の開発」
17:20 懇親会

参加費 無料 懇親会費 1&s_comma;000円
参加申込 事務局まで人数をメール、ファックスでご連絡下さい。
事務局 独立行政法人理化学研究所バイオ解析チーム 堂前・松葉
FAX 048-462-4704  メールmatsuba@riken.jp



独立行政法人理化学研究所 和光研究所 中央研究所
先端技術開発支援センター バイオ解析チーム 堂前
〒351-0198  和光市広沢2-1 FAX 048-462-4704



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。