毎年世界のバイテク農作物商業栽培面積を調査しているISAAA(国際アグリバイオ事業団)から、2005年の調査結果が1月11日に公表された。一方、GM反対派からはこれにぶつける形でFOE(地球の友)から、途上国に役立たずのGM作物という報告書が1月10日発表された。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。