***** seminarMLから情報転載 *****


分生研セミナーのご案内 マウス脳の発生



以下の要領でマウス脳の発生に関するセミナーを開催いたします。奮って御参加下さい。

分子細胞生物学研究所セミナー

日時 平成18年 1月 18日(水)15:00─16:30

場所 東京大学分子細胞生物学研究所 総合研究棟2階会議室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_05_j.html

講師 元山 純 先生 理化学研究所脳科学総合研究センター

演題 prechordal plate cells はマウスの脳の正中決定に必要である

中枢神経系は正中構造によって左右に分離されている。脊髄から中脳後方の正中構造はfloor plate(底板)とよばれ、それらの細胞はnotochord(脊索)から分泌されるShhタンパク質の作用によって分化誘導される。前脳の正中構造は将来視床下部、視交叉にあたる細胞群であるがそれらの発生は脊索の前方にあるprechordal plate(脊索前板)とよばれる細胞によって誘導されると考えられている。shh変異マウスでは前脳を含む中枢神経系の全てにおいて正中構造が欠損するため、prechordalplate(脊索前板)による正中の誘導も脊索の機能同様Shhによると考えられていた。本研究では細胞系譜の記載を行ないprechordal plate細胞自身が脳の正中へ移動し左右の分離に関わる事、Shh変異マウス胚等の詳細な解析によりShhタンパク質の発現がprechordal plate細胞の生存維持に必須である事を明らかにしたのでそれらの結果を報告する。

幹事 形態形成研究分野
主催 東京大学分子細胞生物学研究所
後援 (財)応用微生物学研究奨励会




多羽田 哲也

東京大学 分子細胞生物学研究所 形態形成研究分野
113-0032 文京区弥生1-1-1
Phone:03-5841-7886 (Office)&s_comma; -7866&s_comma; -7896 (Lab)
FAX:03-5841-8479




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。