第1回バイオ医工学シンポジウム--マイクロアレイ・バイオチップ最前線--が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第1回バイオ医工学シンポジウム
--マイクロアレイ・バイオチップ最前線--

主  催  理化学研究所
会  期  2006年3月10日(金)10時~
会  場  (独)理化学研究所・和光研究所・鈴木梅太郎ホール
1.細胞内分子遺伝子診断
2.なんでも固定化バイオチップ
3.チップが拓くバイオサイエンスの世界
4.迅速診断を目指したMESA型チップの開発
5.チップによる危険菌の判定
6.DNAチップの活用について
7.細胞の光ナビゲーション
8.「その場」診断を目指すマイクロ流路デバイス
9.DNA解析からライフサーベーヤーへ向けての技術開発
参加費  参加費無料(事前登録制)  懇親会費3000円
懇親会参加の有無を添え、メールにて(締切2月28日)
申込先  理化学研究所 伊藤ナノ医工学研究室 阿部 洋 
E-mail:symp-ito@riken.jp 
Tel:048-467-9302 Fax:048-467-9300
http://www.riken.jp/r-world/research/symposium/2005574.htm