電流計測型DNAチップを開発していたベンチャー企業、TUMジーンが昨年、凸版印刷に買収されたことが明らかとなった。バイオバブルが崩壊した現在、一部のバイオベンチャー企業は市場での資金調達に難渋しており、バイオに参入した異業種企業や比較的財政的に豊かなベンチャー企業の買収対象になりつつある。2006年はバイオベンチャーの整理陶太の時代が始まる可能性が濃厚だ。
 欧米では抗体医薬市場の急拡大でバイオベンチャー企業は急成長を開始した。わが国には許認可のタイムラグが存在し、今後2年間がわが国のバイオ産業の正念場となるだろう。詳細は続報する。(宮田満)。