メディネットは、「次世代医療を身近な医療へ」をコンセプトとして、免疫細胞療法総合支援サービスを中心とする細胞医療支援事業を展開しております。2005年には、国内外の大学病院などと免疫細胞療法にかかわる共同臨床試験を複数開始しましたが、06年夏ごろには、東大病院22世紀医療センターに設置するCPCが稼動を開始する予定でもあり、より積極的に免疫細胞療法の臨床エビデンスの強化・構築、難治がんに対する新たな治療プロトコルの開発に努めてまいります。06年は、第5次医療法改正も控え、医療制度改革が一層促進される状況にあるなど、先端医療を取り巻く環境はよりよい変化のときを迎えています。弊社事業にとっても、大きな節目を迎える年となりそうですが、この分野に携わる方々と幅広い協力関係を築くことで、より大きな視点で、国民福祉とバイオ産業の発展に貢献できればと考えております。