***** seminarMLから情報転載 *****



第125回東京脂質談話会のご案内

下記の通り第125回東京脂質談話会を開催致します。
事前登録等不要です。是非御参加下さい。

演題:フェロモンを求めて:ハーダー腺の教え

演者:脊山 洋右 先生(お茶の水女子大学生活科学部食物栄養学科)

日時:平成18年1月25日(水)18時~19時

会場:東京大学医学部教育研究棟6階 細胞情報学教室セミナー室

要旨:1930年にシリアの高原で12匹の子供を連れたゴールデンハムスターが偶然見つかった。眼窩内にあるハーダー腺は脂質であるアルキルジアシルグリセロールを分泌し、その組成には著しい雌雄差が見られるが、これは核内のアンドロジェン受容体を介してアシルCoA脱水素酵素の発現調節が行われた結果であることを明らかにしてきた。ゴールデンハムスターの行動パターンを考慮すると、この外分泌される脂質がフェロモンとして働いていることが示唆され、鋤鼻器官にその受容体が存在するのではないかと思われる。


問い合わせ先:03-5802-2925(内線23448)國枝香南子
共催:東京脂質談話会/第一製薬(株)



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。