第6回コンビナトリアル・バイオエンジニアリングシンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


コンビナトリアル・バイオエンジニアリング研究会
http://www.prmvr.otsu.shiga.jp/ACB/

ナノ・バイオとコンビナトリアル・バイオの
ジョイントシンポジウム

第6回
コンビナトリアル・バイオエンジニアリングシンポジウム
--新バイオ分子と機能の創出をめざして--


2006年1月12日(木)10:00より
理化学研究所大河内ホール


主催
コンビナトリアル・バイオエンジニアリング研究会
(http://www.prmvr.otsu.shiga.jp/ACB/)
共催
日本生物工学会コンビナトリアルバイオ工学部会
日本生物工学会ナノバイオテクノロジー部会
協賛
日本生物工学会
バイオインダストリー協会
情報計算化学生物 (CBI) 学会
化学工学会バイオ部会
京都大学21世紀COEプログラム
「微生物機能の戦略的活用による生産基盤拠点」
科学研究費補助金 特定領域研究
「生体分子群のデジタル精密計測に基づいた細胞機能解析:ライフサーベイヤをめざして」
プログラム

10:00-10:10  はじめに
民谷栄一(北陸先端大・材料科学)

10:10-10:50 「 糖鎖生物学を指向するコンビケムテクノロジー」
伊藤幸成(理研) /座長 伊藤嘉浩(理研)

10:50-11:30 「糖鎖によるバイオセンシング」
三浦佳子(北陸先端大・材料科学)/座長
上田宏(東大院・工)
11:30-12:10「バイオ分析・計測へのμTAS (micro total analysis system) 技術応用」
中西博昭(島津・基盤研)/座長 民谷栄一
(北陸先端大・材料)

13:30-14:10 「次世代コンビバイオを目指した人工塩基対システムの開発」
平尾一郎(東大先端研&理研)/座長 福崎英
一郎(阪大院・工)
14:10-14:50「コンビナトリアル・バイオエンジニアリングによるテーラーメイド機能性抗体の創製」
円谷健、藤井郁雄(大阪府大院・理)/座長
津本浩平(東大院・新領域)

14:50-15:30 「リガンド・レセプタ-共提示酵母によるハイスループット創薬システムの開発」
近藤昭彦・石井純(神大・工)/座長 中野秀
雄(名大院・生命農)

15:40-16:20 「ナノバイオテクノロジ-が拓くフロンテイアメデイシンーピンポイント診断・治療のためのナノデバイス設計ー」
片岡一則(東大院・工)/座長 吉田和哉
(奈良先端大・バイオ)

16:20-17:00「ナノバイオロードマップとナノバイオマシンの秘密」
嶋本伸雄(国立遺伝研)/座長 吉村徹(名大
院・生命農)

17:00-17:10 おわりに
植田充美(京大院・農)

17:30-19:30 懇親会(理化学研究所内広沢クラブ)