国際シンポジウム『The Impact of the Genome Science for the Future Medicine』が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


=================================================

国際シンポジウム『 The Impact of the Genome Science
for the Future Medicine 』

共催:文部科学省特定領域研究「応用ゲノム」
文部科学省特定領域研究「ゲノム医科学」
日本学術振興会「未来開拓学術研究推進事業」

日時:平成18年1月19日(木)~20日(金)
会場:一橋記念講堂
(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階)
http://www.nii.ac.jp/map/hitotsubashi-j.html

使用言語:英語
参加費:無料

【プログラム】

●1月19日(木) 10:00~17:10
【Session1. Dissection of Complex Diseases by
Genome Science】
Aravinda Chakravarti (Johns Hopkins University USA)
Mark Leppert (Eccles Institute of Human Genetics at the University of UtahUSA)
Kari Stefansson (deCODE genetics Iceland)

【Session2. Ethical Legal and Social Issues (ELSI)
of Human Genome Researches】
Jean E. McEwen (National Human Genome Research Institute National Institutes of Health USA)
Ruth Chadwick (Lancaster University UK)
Terry Kaan (National University of Singapore Singapore)
Kazuto Kato (Kyoto University Japan)
Akira Hata (Chiba University Japan)
Yoshimitsu Fukushima (Shinshu University Japan)

≪Panel Discussion≫

●1月20日(金) 10:00~16:10
【Session3. Dissection of Complex Diseases by Genome
Science?】
Edison Liu (Genome Institute of Singapore Singapore)
Alan B. Sachs (Merck & Co. Inc. USA)
Vivian G. Cheung (University of Pennsylvania USA)

【Session4.Epigenetics】
Andrew P. Feinberg (Johns Hopkins University USA)
Jean-Pierre Issa (The University of Texas USA)
Heinrich Leonhardt (Ludwig-Maximilians-Universitat Munchen BiozentrumGermany)
Edward Seto (University of South Florida USA)


※講演タイトル、時間等、詳細は下記ホームページを
ご参照下さい。

【シンポジウム専用ホ-ムページ】
http://www.kuba.co.jp/IGSFM/


【お申込方法】
ホームページ上の申込フォームをご利用いただくか、
1.氏名、2.郵便番号・住所、3.電話番号、4.E-mail
アドレス、5.ご職業、6.次回以降のシンポジウムの
案内希望の有無、をご記入のうえ、E-mail、ハガキ、
FAXにてお申込ください。

※お席に余裕がある場合、当日の参加も可能です。

=================================================

市民講座 『ゲノム科学と社会』

主催:文部科学省特定領域「応用ゲノム」

日時:平成18年1月21日(土) 10:30~16:50
会場:有楽町朝日ホール
(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)
http://www.asahi-hall.jp/yurakucho/index.html

参加費:無料

【プログラム】

「ゲノム研究による病気の解明と治療法開発」
辻 省次(東京大学)

「糖尿病とゲノム研究」
春日雅人(神戸大学)

「臨床情報とゲノム情報の融合」
永井良三(東京大学)

「大腸菌O157とゲノム研究」
林 哲也(宮崎大学)

「麹菌のゲノム解析とその産業応用」
五味勝也(東北大学)

「ゲノム科学研究に関する一般国民の意識」
山縣然太朗(山梨大学)

「特別講演:ゲノム科学と社会」
村上陽一郎(国際基督教大学)

パネルディスカッション「ゲノム科学は社会にどのように貢献できるか」
司会:加藤和人(京都大学)
パネリスト:村上陽一郎(国際基督教大学)
栗山真理子(国立生育医療センター) ほか

※プログラムは一部変更される場合がございます。
詳細は下記ホームページをご参照下さい。

【シンポジウム専用ホ-ムページ】
http://www.kuba.co.jp/IGSFM/


【お申込方法】
ホームページ上の申込フォームをご利用いただくか、
1.氏名、2.郵便番号・住所、3.電話番号、4.E-mail
アドレス、5.ご職業、6.次回以降のシンポジウムの
案内希望の有無、をご記入のうえ、E-mail、ハガキ、
FAXにてお申込ください。

※お席に余裕がある場合、当日の参加も可能です。


*********************************************
【問い合わせ】
株式会社クバプロ
〒102-0072 千代田区飯田橋3-11-15 UEDAビル6階
TEL:03-3238-1689 FAX:03-3238-1837
E-mail:genome@kuba.co.jp
*********************************************