第2回・国際バイオミクロコスモスワークショップ2006が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第2回 国際バイオミクロコスモスワークショップ
?胃腸内研究へのアプローチ? 2006

主催:北海道大学創成科学共同研究機構 戦略重点プロジェクト「食の安全・安定供給研究体」
開催日時:2006年2月2日(木)~3日(金)
開催場所:北海道大学学術交流会館

Keynote Lectures
1) “The normal gut microbiota and its implications on host physiology”
Dr. Fredrik Backhed (Washington University School of Medicine U.S.A.)
2) “Microbial players in the gastrointestinal tract: from structure to function of the gastrointestinal microbiota”
Dr. Erwin Zoetendal (Wageningen University The Netherlands)

Invited speakers
1) “Human-Flora-Associated mice as a model for studing host-microbial relationships”
Dr. Kikuji Itoh (The University of Tokyo Japan)
2) “Immune responses of Immunobiotics and Immunogenics via Toll-like receptors and their advanced application to Food immunology”
Dr. Haruki Kitazawa (Tohoku University Japan)
3) “Cyclic use of organic waste materials in agriculture -its history and philosophy especially in andisol-rich Iwate prefecture”
Dr. Tsuyoshi Ono (Iwate Agricultural Research Center Japan)
4) “Response of intestinal tissue to the luminalenvironment”
Dr. Kazunari Ushida (Kyoto Prefectural University Japan)
5) “Is gastrointestinal colonization by Candida albicans a risk factor for food allergy?”
Dr. Kei Sonoyama (Hokkaido University Japan)
6) “Effect of raffinose administration on the bifidobacterial populations
in human as revealed by FISH analysis”
Dr. Atsushi Yokota (Hokkaido university Japan)

ワークショップ費用
参加費:無料
懇親会費:4000円(参加当日、受付にてお支払いください)

ポスター発表申し込み期限:2006年1月13日(金)
参加申し込み期限:2006年1月20日(金)

連絡先
「第2回 国際バイオミクロコスモスワークショップ ?胃腸内研究へのアプローチ? 2006」事務局
北海道大学 創成科学共同研究機構「食の安全・安定供給研究体」内
TEL & FAX 011-706-9286 e-mail: chonai@cris.hokudai.ac.jp(担当:渡辺、森)

なお、新しい情報はwebページ(http://www.cris.hokudai.ac.jp/biomicro/gi_sphere.html) に随時掲載いたします。