***** seminarMLから情報転載 *****


日本植物工場学会関東支部講演会(東京)のご案内


遺伝子組換え技術によって,今までにない特長を持つ植物が生み出されています。本講演会では,遺伝子組換え技術によって花粉症緩和米を開発された(独)農業生物資源研究所の高岩文雄 遺伝子操作研究チーム長と世界で初めて「青いバラ」を開発されたサントリー株式会社・先進技術応用研究所の田中良和シニアスペシャリストをお招きし,新しい植物開発の経緯や関連技術について分かりやすくご講演いただきます。さらに、画期的なバラの切り花生産方式としてわが国のみならず世界7カ国で特許を取得し,平成14年には農林水産技術会議会長賞を受賞されたエアリッチ・アーチング栽培研究会の末松 優事務局長をお迎えし,独自の栽培システムについてご紹介いただきます。
会員以外の皆様の参加も受け付けておりますので,奮ってご参加くださるようお願い申し上げます。

******************************************************
【日 時】平成17年12月15日(木) 13:25~17:00
【会 場】機械振興会館B3階会議室研修-1室
東京都港区芝公園3丁目5番8号 ? 03-3434-8211(代)
【参加費】会員4&s_comma;000円,学生会員1&s_comma;000円,一般5&s_comma;000円,一般学生2&s_comma;000円
【プログラム】
13:25-13:30  ご挨拶
13:30-14:30 切花用バラのアーチング栽培法
末松 優(エアリッチ・アーチング栽培研究会)
14:30-15:40 健康機能性組換え米の開発
高岩文雄((独)農業生物資源研究所)
<休     憩>
15:50-17:00 青いバラ開発物語
田中良和(サントリー株式会社)

※13:20まで関東支部総会を開催する予定でございますので,ご入場の際は受付にてご確認ください。

【申し込み方法】氏名・所属・連絡先(郵便番号,住所,電話番号,FAX番号,E-mailアドレス)をご記入の上,FAXまたは電子メールにて下記にお申し込みください。折り返し,参加費の振込先,会場地図を記載した参加受付書をお送りします。

【申込期限】 :定員になり次第締め切ります。

【問合わせ先】(財)電力中央研究所 化学環境領域内 関東支部事務局
寺添 斉(テラゾエヒトシ)
【?】070-6568-9767(直通) 【FAX】04-7183-2966
【E-mail】terazoe@criepi.denken.or.jp



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。