***** seminarMLから情報転載 *****


Marsha Wills-Karp教授セミナー (東京大学)



東京大学医学部 細胞情報部門、呼吸器内科学教室は共催で以下のセミナーを開催します。事前登録は不要です。ふるってご参集下さい。
----------------------------------------

日時:12月14日(水曜日)16時-17時30分
場所:東京大学医学部本館小講堂
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_03_j.html

演者:Marsha Wills-Karp 教授
所属:シンシナティ大学、小児病院医療センター&s_comma;
Children’s Hospital Medical Center&s_comma; University of Cincinnati
演題:The complex role of complement factor 5 in asthma pathogenesis

紹介:
Marsha Wills-Karp博士は、気管支喘息発症機序の基礎研究における第一人者であり、現在、シンシナティ小児病院医療センター免疫生物学部長・教授として精力的に研究発表をなされています。特に博士は、インターロイキン13(Science&s_comma; 1998)、補体5(Nature Immunology&s_comma; 2000)をマウス喘息モデルにおける主要メディエーターとして同定したことで世界的に知られます。この度、第35回日本免疫学会総会・学術集会(横浜)での国際シンポジウムに招聘・来日されるのを機に、東京医学会での講演をお願い致しました。何卒奮ってご参集ください。

主催:
細胞情報学教室
呼吸器内科学教室



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。