食と環境の安全を求めて -有害化学物質のリスク評価と低減技術-が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


食と環境の安全を求めて:
有害化学物質のリスク評価と低減技術
「農林水産生態系における有害化学物質の総合管理技術の開発」中間成果発表会

http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h17/20051128.html

開催日時: 平成17年11月28日(月)
開催場所: つくば国際会議場(エポカルつくば)

プログラム
10:30 あいさつ

<基調講演>
10:40 有機化学物質のリスク評価とリスク管理
徳島大学   関澤 純

<一般講演>
○ リスク評価 (11:20-14:05)
リスク評価サブチームの成果概要
農業環境技術研究所   遠藤正造
POPsの挙動に関するマルチメディアモデルの開発
農業環境技術研究所   小原裕三
水生生物に及ぼす農薬の影響評価法
農業環境技術研究所   石原 悟

- 昼食-

トリブチルスズが魚類の精子形成に及ぼす影響の評価
瀬戸内海区水産研究所   持田 和彦
酪農におけるダイオキシンの動態解明
畜産草地研究所   山田 明央

○ リスク低減化 (14:05-16:40)
リスク低減化サブチームの成果概要
農業環境技術研究所   大谷 卓
土壌からの環境汚染物質分解酵素遺伝子の探索
東北大学   津田 雅孝
有機塩素系化合物分解菌の分子育種
九州大学   古川 謙介

- 休憩・ポスター発表 (15:00-15:50) -

複合分解菌集積炭化素材を利用した農薬の分解
農業環境技術研究所   高木 和広
作物によるドリン系農薬吸収制御技術の開発
農業環境技術研究所   石坂 眞澄

○ 総合討議 (16:40-17:00)

主催: (独)農業環境技術研究所

共催: 農林水産技術会議事務局、(独)農業・生物系特定産業技術研究機構、(独)農業生物資源研究所、(独)森林総合研究所、(独)水産総合研究センター


参加申し込み・問い合せ先:
農業環境技術研究所 化学環境部 有機化学物質研究グループ長 與語靖洋
TEL 029-838-8301
FAX 029-838-8199
E-mail yogo@affrc.go.jp