GMナタネの微量混入問題の余波が収まらないオーストラリアが、再び揺れている。CSIROが開発を進めてきた害虫抵抗性GMエンドウマメが、商業化直前のリスク評価でマウスに健康危害を与えることが明らかになり、CSIROはこの研究を中止した。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。