バイオインダストリー協会「未知微生物国際ワークショップ」「快適な生活のための菌学シンポジウム」「ベトナムの微生物と植物」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


話題のシンポ3つ・・・・お見逃しなく べとなむ、もやしもん、みちび


◆◆◆その1 ベトナムの微生物と植物◆◆◆
日本・ベトナム合同ワークショップ開催のお知らせ「バイオ産業で日本とベトナムはいかに協力するか?」?微生物および薬用植物資源の利用の視点から?
【日時】2005年11月29日(火)14:00~17:30
【場所】虎ノ門パストラル 新館6階「ペーシュ」
【プログラム(案)】<ベトナムの薬用植物について>
1)イントロダクション/JBA炭田精造、
2)ベトナムの薬用植物に関する政策と規制/ベトナム厚生省伝統医薬局局長Dr. Le Luong Dong、
3)ベトナムの薬用植物へのアクセスと利用/ベトナム厚生省薬物研究所所長Assoc. Prof. Nguyen Huu Dong、
<ベトナムの微生物について>
4)イントロダクション/NITE安藤勝彦、
5)ベトナムの微生物研究の現状と将来について/ベトナム国立大学(ハノイ)バイオテクノロジーセンター所長Dr. Duong Van Hop、
6)総合討論
【詳細】www.jba.or.jp/oshirase/vietnam.htm
【申込/問い合わせ先】参加をご希望の方はE-mailまたはFaxにて下記宛にお申し込み
下さい。参加費は無料です。JBA担当:玉手 TEL;03-5541-2731 FAX: 03-5541-2737
E-mail: vietnam@jba.or.jp



◆◆◆その2 快適な生活のための菌学シンポジウム◆◆◆
日本菌学会関東支部 第20回シンポジウム開催のご案内
拝啓

晩秋の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。さて、おかげさまをもちまして、日本菌学会関東支部シンポジウムは、今回で20回を数えることができました。これも日頃の皆様の活発なご活動とご協力のおかげと、深く感謝申し上げます。日本菌学会関東支部は、親学会と同様に菌を材料とした応用・基礎の様々な学問分野の方の研究発表・交流の場です。そして、主要な会員である企業関係者・アマチュア・アカデミア(大学・研究機関など)という3つの、時として指向の異なる人たちが一同に会し、議論を戦わせ、時に異分野の人たちをも招待して講演を行うのは、まさに関東支部のシンポジウムならではのことでしょう。そこで、今回は20回を記念して、この3つの分野の方すべてから演題を頂戴し、「私たちの生活と菌類の接点」をテーマとするシンポジウムとしました。菌類は利であれ害であれ、多かれ少なかれ、私たちの生活と接しています。そこで、私たちの生活が楽しく、快適であるために、菌とはどのように接しているか、という点に注目したシンポジウムを行います。

貴重な機会ですので、非会員の方もお誘い合わせの上、是非ご参加ください。シンポジウム終了後は懇親会を予定しております。こちらもふるって御参加ください。参加申し込みは下記まで、郵送、Faxまたはe-mailでお願いいたします。なお、e-mailの場合は、申込用紙にならって必要事項をご連絡ください。
敬具



タイトル: 「快適な生活のための菌学」
日 時: 2005年12月10日(土)13:00-17:20
場 所: 東京農業大学 世田谷キャンパス 1号館4階メディアホール
小田急線経堂駅下車徒歩15分 (地図参照のこと)
参加費: 2000円(日本菌学会関東支部会員)
      3000円(非会員)
懇親会費: 5000円
申込先: 〒305-0005 茨城県つくば市天久保4-1-1
国立科学博物館 植物研究部 細矢 剛
Email: hosoya@kahaku.go.jp
申込期限: 2005年11月26日(必着)

日本菌学会関東支部第20回シンポジウム参加申込書
印を付けてください。
□ 会員
□ 非会員

□ シンポジウムに出席します
□ 懇親会に出席します

ご芳名
ご所属
Tel
Fax
Email

会場までの交通
JR渋谷駅下車
□バス<渋谷駅~農大前>(30分位)
成城学園行(渋24) 調布駅南口行(渋26)
祖師谷大蔵行(渋23)
小田急線経堂駅下車
南へ徒歩15分
小田急線千歳船橋駅下車
南へ徒歩15分
□バス<千歳船橋駅~農大前>(5分位)
渋谷駅行(渋23) 等々力行(等11)
東急田園都市線用賀駅下車
徒歩20分
□バス<用賀~農大前>(10分位)
世田谷区民会館行(園02) 祖師谷大蔵行(用01)
東急東横線田園調布駅下車
□バス<田園調布駅~農大前>(30分位)
世田谷区民会館行(園02)

予定プログラム(敬称略):
13:00~13:05
日本菌学会関東支部会長あいさつ
玉川大学 奥田徹
13:05~13:10
オーバービュー:人間の衣食住と菌類
国立科学博物館 細矢剛
13:10~13:50
食べて生活を楽しく:きのこの研究・開発
ホクト株式会社 石川真
13:50~14:30
きのことつきあって生活を楽しく
元東京女学館高校 福岡久雄
14:30~15:10
もやしもんとは
講談社 石川雅之
15:10~15:40
コーヒーブレーク
15:40~16:20
呑んで生活を楽しく:酒
東京農大 穂坂 賢
16:20~17:00
飲んで生活を楽しく:薬
アステラス製薬 鶴海泰久
17:00~17:10
おわりに
17:10~17:30
移動
17:30~19:30
懇親会(レストランすずしろ)

特報! 本シンポジウムでは、講演に伴い、福岡先生の「きのこアラカルト」ほか、関連書籍の販売(一部特価販売)もいたします。お楽しみに!



◆◆◆その3 未知微生物国際ワークショップ◆◆◆
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)委託
「ゲノム情報に基づいた未知微生物遺伝資源ライブラリーの構築」事業
国際ワークショップ2005

近年、急速に蓄積されつつあるゲノム情報や目覚しい発展を見せているゲノム関連技術等、生物の持つ多様な機能を高度に活用することによって、有用物質の効率的な生産技術や環境汚染物質の分解等を行う循環型産業システムの創造を図る取組が国際的に行われている。本ワークショップは、NEDO事業「ゲノム情報に基づいた未知微生物遺伝資源ライブラリーの構築」プロジェクトの研究開発の推進に資するために企画したが、内外における最新のバイオテクノロジーの研究動向を関係者の皆様に幅広く紹介することにより、微生物の産業利用促進の一助になれば幸いである。

主催:独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
協賛:独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)
株式会社海洋バイオテクノロジー研究所(MBI)
財団法人バイオインダストリー協会(JBA)
日時:平成17年12月12日(月)10:00~20:00
ワークショップ 10:00~17:40(地下一階、ロイヤルホール)
懇親会    18:00~20:00(三階、葵)
場所:東京厚生年金会館、東京都新宿区新宿5-3-1、TEL03-3356-1111

プログラム
10:00  開会の辞  NEDOバイオテクノロジー・医療技術開発部長 多喜田 圭二
10:10  来賓挨拶  経済産業省 生物化学産業課長 徳増 有治
10:20  プロジェクトリーダー挨拶 NITEバイオテクノロジー本部部門長 原山 重明
10:25  招待講演
Chemical genomics with microbial natural products
Ho Jeong Kwon PhD (Professor Yonsei University Seoul Korea)
11:05 海洋無脊椎動物共在・共生微生物のメタゲノム解析と遺伝子探索
竹山 春子(東京農工大)
11:25 培養できていない極限環境微生物とメタゲノム解析
長沼 毅(広島大学)
11:45  メタゲノム解析のためのバイオインフォマティクスツール
中川 智(ザナジェン)
12:05-13:00  昼食
13:00  嫌気環境からの未知微生物の探索
飯野 隆夫(NITE)
13:20  難培養性微生物可培養化技術と分離技術の開発
早川 敦(味の素)
13:40  海洋無脊椎動物および海泥からの細菌の分離と収集
福永 幸代(NITE)
14:00  海洋微生物ライブラリーの遺伝的多様性
笠井 宏朗(MBI)
14:20  海洋由来未知微生物の生産する物質の網羅的機能解析
足立 恭子(MBI)
14:40-14:55  休憩
14:55  放線菌のポリケタイド合成酵素の多様性と有用機能探索への応用
小牧 久幸(NITE)
15:15  新規P450遺伝子の単離と機能発現系の構築
三沢 典彦(MBI)
15:35  ハイスループット酵素スクリーニング法の開発と応用
落合 美佐(サントリー)
15:55  招待講演
The need for new biodiversity in industrial biocatalysis
Marcel Wubbolts PhD (DSM Pharma Chemicals Geleen Netherlands)
16:35  パネルディスカッション「未知微生物の産業利用促進」
17:35  閉会の辞

懇親会 (3F葵:会費制(5000円/人))
18:00-20:00

FAX:03-5541-2737
(財)バイオインダストリー協会 越水 宛

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)委託
「ゲノム情報に基づいた未知微生物遺伝資源ライブラリーの構築」事業
国際ワークショップ2005
【 参 加 申 込 書 】

12月1日までにお申込下さい。

1.ワークショップ(10:00~17:40)参加費:無料
ご氏名 ご所属 電話番号 FAX E-mail

2.懇親会(18:00~20:00)参加費:5000円/人
ご氏名 ご所属 電話番号 FAX E-mail

■ お申込方法
FAXもしくは下記URLよりお申込下さい。

■ お申込先
〒104-0032東京都中央区八丁堀2丁目26番9号 グランデビル8F
(財)バイオインダストリー協会   吉田、越水
TEL:03-5541-2731 FAX:03-5541-2737
E-MAIL:seminar6@jba.or.jp URL: http://www.jba.or.jp/