専門情報サイト「プロテオーム」で、Virtual Seminar第62回が始まった。今回のテーマは、Pro-Q Diamonod、Vivid Colors pcDNA6.2/N-EmGFP-DEST、Block-iT Pol II miR RNAi Expression Vector kit、ChargeSwitch Total RNA cell kitなどの使用例の紹介だ。
 これらを用いて、1) 培養細胞由来のプロテインホスファターゼのゲル上での脱リン酸化活性解析、2) HEK293細胞でのEmGFP/N末端融合タンパク質の蛍光検出、3) CMVプロモーターを持つpcDNA6.2-GW/EmGFP-miR vector を用いて293T細胞でDsRedの70%以上の強い発現ノックダウン、4) 大腸菌トータルRNAの収量、精製度及び簡便性について他社製品との比較、を行っています。ぜひご参照ください。


+専門情報サイト+プロテオーム+++
 詳細はここをクリック 、左フレームのバーチャルセミナーを更にクリックしてアクセスできます。右フレームの一番下に表示されます。


+専門情報サイト+プロテオーム+