環境リスク管理学の研究者、中西準子氏が名誉毀損で訴えられた裁判を、情報の伝達という観点からとらえた場合、最大のポイントは原告側が提訴した時に出したプレスリリースにある、と私は考えている。実は、裁判に勝つか負けるかは本質ではない。マスメディアや市民の情報識別の「目」が問われている。
(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。