***** seminarMLから情報転載 *****


多摩大学医療リスクマネジメント研究所の真野俊樹と申します。
この度、多摩大学医療リスクマネジメント研究所では「電子カルテの光と影」と題して、インターネット上で討論会を実施いたします。つきましては、ぜひご参加を賜りたく、ご案内させていただきます。議論場はプラメドという医師4人で作ったインターネットサービス上のコミュニティ機能を利用します。
これにより、医師であることを身分確認された参加者どうしで、高機能を活かした議論が可能になります。

※討論会参加に際しては、同時にプラメド社のインターネットサービス「PLAMED.com」へのご登録(無料)が必要になります。
詳しくはhttps://ssl.plamed.com/announce.htmlをご覧下さい。

-------------------------------------------------------------

■WEB討論会開催要綱-
【テーマ】「電子カルテの光と影」
【開催期間】平成17年11月14日(月)10:00 開始~11月20日(日)22:00 終了
【参加資格】医師・歯科医師限定
【参加費】無料
【主催者】多摩大学医療リスクマネジメント研究所
【事務局】株式会社プラメド http://www.plamed.co.jp
【開催方法】
インターネットサービス「PLAMED.com」のWEB上で開催
【参加申込】
こちらのURLから http://www.tama-iryou.jp/webtouron.html
-------------------------------------------------------------
■参加予定パネリスト(50音順、敬称略)
伊藤 雄二 (地域医療振興協会西吾妻福祉病院 副院長)
粂 和彦  (熊本大学 発生医学研究センター 助教授)
小林 肇  (ハーバード公衆衛生大学院、公衆衛生学修士)
竹中 郁夫 (もなみ法律事務所、医師・弁護士)
原 祐一 (九州大学大学院医療システム学教室)
舩木 良真 (三つ葉在宅クリニック)
■司会
真野俊樹 (多摩大学医療リスクマネジメント研究所教授)
-------------------------------------------------------------
現在、電子カルテは大病院を中心として、国を挙げての導入が推奨・推進されています。しかし依然として低い導入率や運用に関してなど、問題が山積しているのも一方の事実です。電子カルテの出現が医療にもたらしたものについて、良い面・悪い面含めた様々な切り口で徹底的に議論したいという思いから、医師限定でしかも地域に限定されることのないインターネット上で討論会を実施いたします。質問、ご意見の書込みは大歓迎です。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。