2005年度「藻類談話会」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


2005年度「藻類談話会」のご案内 (2)

「藻類談話会」は藻類を研究材料とする幅広い分野の研究者の集まりで,西日本を中心に講演会や研究交流を行っています。

講演者に一部変更があり,以下の講演内容となりました。ふるってご参加くださいますよう,ふたたびご案内申し上げます。

*日時:2005年11月12日(土)13:00-17:00
場所:京都大学総合人間学部棟1102室(京都市左京区吉田二本松町)

*会場への交通:京都市営バス31系統,65系統,201系統,206系統「京大正門前」から東へ徒歩約5分。京阪電車「出町柳」駅から東へ徒歩約20分。京都大学ホームページ(http://www.kyoto-u.ac.jp/top.htm)のアクセス・マップ,吉田キャンパス~吉田南構内にも掲載されています。

*講演(敬称略)
杉野伸義((株)環境総合テクノス):兵庫県安室川における河 川環境再生と淡水紅藻チスジノリの保全について
山岸幸正(福山大・生命工学部):紅藻スサビノリの環境適応機構について
Patrick J. Ferris (Washington University in St. Louis USA):Clues to the evolution of oogamy from studying the organization of the Volvocalean mating-type loci.
西井一郎(理化学研究所):ボルボックスの形態形成運動の分子機構
三室 守(京都大院・地球環境学堂,人間・環境学研究科(両任)):藻類の多様なアンテナ系の原理を探る

*参加費:500円(通信費など)

談話会終了後,学内の生協吉田食堂で懇親会が予定されています(会費:一般3000円,学生1500円)。

談話会および懇親会の参加希望者は10月31日(月)までに電子メールかファックスで下記の宛先へお申し込みください(当日参加も可)。

*参加申込・問合先
〒606-8501京都市左京区吉田二本松町
京都大学大学院 人間・環境学研究科 相関環境学専攻
幡野 恭子
TEL : 075-753-6854 FAX : 075-753-6694 e-mail : kyokohat@bioh.mbox.media.kyoto-u.ac.jp

キーワード:藻類