オーストラリア連邦政府と州政府とは、頻発したGMナタネの混入に対応するための新しいルールで合意に達したと伝えられる。両者の妥協の産物とも思えるこの処置の裏側は、あらゆる農業国におけるGMO栽培是非を巡る悩みを浮き彫りにしている。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。