記事は3ページも続くのに、肝心なことが伏せられた。その結果できあがったのは、「納豆の健康神話に偽り」という記事----。11月4日号「週刊ポスト」(小学館)である。遺伝子組み換えが、薬害エイズ事件やアスベスト公害問題と同列の「災厄」に祭り上げられている。ウソは書かないが、事実の一部を欠落させることで、本質とは異なる扇情的な内容にする週刊誌の熟練の手技。とくとご覧あれ。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。