JBA“未来へのバイオ技術”勉強会 一日神戸大学(第4回)が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


JBA“未来へのバイオ技術”勉強会(大学の技術紹介)

一日神戸大学(第4回)
「微生物バイオの新展開・・・健康、環境、省エネ、高機能」
バイオインダストリー協会(JBA)・神戸大学 共催




JBAと神戸大学は微生物バイオに関する大学シーズを広くPRし、産学連携により社会で活用すべく標記の講演会を企画しました。今回は、健康、環境、省エネ、高機能など新たな時代ニーズに対して微生物バイオの研究へどのように取り組み、深化発展させているのかをご紹介いたします。

【日時】平成17年11月10日(木)13:30~17:00
【場所】(財)バイオインダストリー協会 会議室
東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8F
TEL 03-5541-2731
【参加費】無料
【申込み方法】JBAのホームページ(http://www.jba.or.jp/
一日神戸大学フォームより、11月1日までにお申し込み下さい。

【プログラム】
1.挨拶・趣旨説明
2.「微生物による環境浄化と生物変換」
青木健次(神戸大学・農学部教授)
3.「低温で効率よく機能する酵素蛋白質の特性・・・高機能化酵素の創出にむけて」
鶴田宏樹(神戸大学・連携創造センター助教授)
4.「糸状菌におけるhigh throughput RNAi法の開発」
中屋敷 均(神戸大学・農学部助教授)
5.「枯草菌のイノシトール分解系とその応用」
吉田健一(神戸大学・農学部助教授)
6.「微生物変換系を用いた創薬支援へのP450酵素の応用」
今石浩正(神戸大学・遺伝子実験センター助教授)
7.「タンナーゼ産生性乳酸菌の茶カテキン薬理効果に及ぼす影響」
大沢 朗(神戸大学・農学部教授)

終了後に、個別に技術相談が可能です。ご希望の方は事務局までお知らせ下さい。
また、詳細はJBAのHP http://www.jba.or.jp/をご覧下さい。

【担当、問合せ先】
JBA“未来へのバイオ技術”勉強会 事務局
市川茂彰、青木由佳 (jba_kobe-u@jba.or.jp)
神戸大学 連携創造本部 教授 土田隆康 (tsuchida@kobe-u.ac.jp)