危機感を煽る過剰報道は止めるべきだ----。さまざまな場で私はそう書いてきたが、これはもう少し報道した方がいい。鳥インフルエンザのことだ。この数週間に出た科学論文の内容や海外での発生状況を見る限り、もっと克明に科学的な報道を展開し一般市民にも警戒感を深めてもらうべきではないかと思う。そうでないと、パンデミック(世界的な大流行)が始まった時にパニックが起きてしまう。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。