2005年10月4日、第32回目となるプリオン専門調査会が開催され、リスク評価のたたき台修正2次案について審議が行われた。「牛肉および牛の内臓などの“など”とは何かの定義をはっきりした方が良い」といった意見を踏まえ、詳細について再確認を行うこととなった。

この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。