第3回無細胞科学松山国際シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


Protein Island Matsuyama International Symposium 2005
-The 3rd Matsuyama International Symposium on Cell-Free Sciences-

http://www.city.matsuyama.ehime.jp/chiikike/pim2005/index.html

愛媛大学・遠藤教授が開発した,「コムギ胚芽無細胞タンパク質合成法」を中心としたシンポジウムも3回目となりました。今回は,タンパク質を用いた応用研究の概要から成果,そして将来への展望について発表・討論を予定しています。
本シンポジウムは,「プロテイン・アイランド・松山 国際シンポジウム2005」の専門家向けシンポジウムです。前日の23日(日)には一般・企業向けセミナーも開催されますので,ホームページにて詳細をご確認ください。
多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

【日 時】平成17年10月24日(月)9:30-17:00
(懇親会 17:30-19:30)
【参加費】無料 (懇親会費は一般5.000円 学生2.000円)
【会 場】松山全日空ホテル(松山市一番町3-2-1)
【言 語】英語(同時通訳はありません)
【主 催】愛媛大学・愛媛県・松山市・松山商工会議所
【申込方法】下記ホームページをご確認の上,問合せ先にお申し込みください。
【問合せ先】
愛媛大学 無細胞生命科学工学研究センター事務室
〒790-8577 愛媛県松山市文京町3番
TEL: 089-927-9686 FAX:089-927-8528
E-mail: saiboss@stu.ehime-u.ac.jp
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/chiikike/pim2005/index.html

【講 師/Speakers】
Yaeta Endo
(Ehime University JAPAN)
Michael L. Knotek
(Knotek Scientific Consulting U.S.A)
Dmitriy A. Vinarov
(University of Wisconsin-Madison U.S.A.)
Gaetano T. Montelione
(Rutgers The State University of New Jersey USA)
Ernest D. Laue
(University of Cambridge UK)
Eric J. Ackerman
(Pacific Northwest National Laboratory USA )
Yoshifumi Takeda
(Cine-Science Laboratory CO.LTD. Japan)
Takafumi Tsuboi
(Ehime University Japan)
Thomas L. Richie
(Naval Medical Research Center USA)


[Date] October 24 Monday 2005 9:30-17:00
(Banquet 17:30-19:30)
[Fee] Admission free.  Banquet fee: 5000JPY
(student rate: 2000JPY)
[Venue] ANA Hotel Matsuyama
(3-2-1 Ichiban-cho Matsuyama-shi Ehime Japan)
[Language] English only
[Registration] Please visit our web site and contact us
[Inquires]

Cell-Free Science and Technology Research Center
Ehime University
TEL: +81-89-927-9688 FAX: +81-89-927-8528
E-mail: saiboss@stu.ehime-u.ac.jp