ヘルスケア・フロンティア「身体脳(しんたいのう)」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


【新しい視点で健康機器開発の本質を考えてみよう ~キーワードは「身体脳(しんたいのう)」~】

消費者の健康志向の高まりから、マッサージ器、運動器具などをはじめとする健康機器市場は拡大傾向にあり、今後ますますの伸びが予想されます。その様な中、各メーカーともコスト競争のみならず、高付加価値差別化商品の開発にも迫られています。しかしながら、現状の高付加価値化は、「使い易さ」といったプロダクトアウト型に陥り、高機能商品を使用する事で起こる生活習慣病などの疾患が散見されています。
本講座では、今後の「健康に寄与する機器開発」に必要な本質論、部分的発想から全体的な捉え方による、技術、理論、プラスアルファの新しい視点を導入したプロダクトイノベーションの考え方、ヒントをご紹介し、健康産業の新しいビジネスチャンスを提案します。

開催日時  2005年10月24日(月)14:00-17:00
開催場所 大阪産業創造館 4F イベントホール
申込締切日 満席になり次第締め切ります
料金 1000円
お支払方法 当日会場でお支払い
人数 200名(満席になり次第締め切ります)

【お申込みは下記URLから】
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.php?H_A_NO=05802

【スケジュール】

14:00~15:45
第一部 基調講演 宇城憲治氏
・ 「身体脳」(しんたいのう)とは何か
・ 健康、身体動作理論および実践
・ 発想転換による機器開発のポイント

16:00~17:00
第二部 宇城憲治氏 x 田村知則氏 トークセッション
「身体脳」を取り入れた眼の機能向上トレーニング開発について

【講師プロフィール】

Ing Association(UK実践塾)代表 宇城憲治氏

全日本剣道連盟居合道教士7段。心道流空手道教士7段。
1986年由村電器株式会社 技術研究所 所長、1991年同常務取締役、1996年東経電工株式会社 代表取締役、1997年加賀コンポーネント株式会社 代表取締役社長、2004年Ing Association(UK実践塾)代表を歴任。
中小企業の立場で、大手電機メーカー数社に対して独自の要素および技術を提案し、商品化された経験を数多。また、数多くの技術特許を取得し技術革新を実践。
現在は、プロスポーツ界で幅広い指導活動も行っている。著書に「武術空手の知と実践」「武術空手への道」「頭脳から身体脳へ」(合気ニュース刊)「武道の心で日常を生きる」(サンマーク出版)など。
また、NHK、NHK国際ラジオ、TBS、BBC出演経験をもつ。

視覚情報センター 代表 田村知則氏

1947年、岡山県生まれ。1974年よりコンタクトレンズや眼鏡の屈折検査に従事。
1984年、日本で最初にスポーツビジョンを職業とし、眼を心や身体を統合して考える”視覚行動システム”を提唱。イチロー選手をはじめとするプロ野球選手やJリーガー、プロテニスレーヤーなどのトップアスリート達から、文字をスラスラ読むのが苦手な子供達までの ビジョントレーナーとして活動中。眼の使い方やメガネなどによって「質の高い眼」 を提供している。大阪・江坂で【視覚情報センター】を開業。認定眼鏡士。
著書に『眼が人を変える』(草思社)がある。


【問い合わせ先】
大阪産業創造館(財団法人大阪市都市型産業振興センター)
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5 大阪産業創造館13階
新産業創造推進室 担当:古澤
TEL)06-6264-9913 FAX)06-6264-9899
受付時間:月~金 9:00~17:00 (祝日除く)