材料シンポジウム「材料が創造する持続的発展」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


材料シンポジウム
「材料が創造する持続的発展」
~ナノスケールから地球スケールへ~

主  催 日本材料学会関西支部
日  時 平成17年12月2日(金)13:00~19:00
会  場 クリエイターズプラザ
〒577-0011東大阪市荒本北50-5
クリエイション・コア東大阪南館3F
プログラム
1. 開会の挨拶
(13:00~13:10)
平尾一之(日本材料学会関西支部 支部長)
2. 精密金型を用いたファインピッチ電子回路パターニングについて
(13:10~13:45)
北岡賢治(クラスターテクノロジー株)
3. 新しいソフトマテリアル:液晶ゲル ?液晶とゲルのハイブリッド?
(13:45~14:10)
浦山健治(京都大学大学院工学研究科)
4. ナノ結晶材料を用いた地震用制振デバイスの開発
(14:10~14:45)
東 健司(大阪府立大学大学院工学研究科)
5. 材料と製造のマイクロ複合化
(14:45~15:10)
西籔和明(大阪府立工業高等専門学校)
? 休憩 ?  (15:10~15:25)
6. 超臨界水技術を用いたリグノセルロースからのバイオエタノール生産
(15:25~15:50)
宮藤久士、坂 志朗(京都大学大学院エネルギー科学研究科)
7. 大地と水をまもる材料・技術と、フィロソフィー
(15:50~16:15)
勝見 武(京都大学大学院地球環境学堂)
8. 宇宙機の不具合事例にみる材料科学の重要性
(16:15~16:50)
小谷政規(宇宙航空研究開発機構)
9. ポスター発表開会の挨拶
(16:55~17:00)
成瀬俊彦(クリエイション・コア東大阪)
10. ポスター発表             (17:00~19:00)
「大地と水をまもる材料・技術と、フィロソフィー」
勝見 武(京都大学大学院地球環境学堂)
「狭隘部曲面のX線残留応力測定」
小栗泰造(大阪府立産業技術総合研究所)
村田一夫(東大阪市立産業技術支援センター)
「ポリエチレン融着界面の構造と強度」
柏原久彦、松井俊満、山内健司、吉田博次 (積水化学工業?)
「セメント製造における環境技術開発の実践と融合(仮題)」
石崎 仁(住友大阪セメント株)
「金属粉末射出成形によるマイクロ高機能化製造技術」
西籔和明(大阪府立高専)、田中茂雄(太盛工業?)
「マイクロ/ナノ材料試験技術とMEMS設計・開発」
生津資大(兵庫県立大学大学院工学研究科)
「環境と材料のかかわり-腐食防食から表面機能化まで」
藤本慎司(大阪大学大学院工学研究科)
「木質系資源の利活用に関する基礎的研究」
古田裕三(京都府立大学大学院農学研究科)
「構造物の応力評価技術(仮題)」
田村栄一(?神戸製鋼所)
「マイクロダイナミクスシミュレーションによる材料強度特性評価」
中谷彰宏、土井祐介(大阪大学大学院工学研究科)
「天然の竹繊維を使った環境に優しい複合材料の開発とその機械的性質」
大窪和也(同志社大学工学部)
「鉄道車両の性能向上と安全性を支える材料技術」
牧野泰三(住友金属工業?)
「金属材料応力集中部の簡易疲労寿命予測ツールの紹介」
田宮洋一(三菱電機?)
「RoHS指令,グリーン調達対応の有機化合物分析」
井口詔雄、大石 学(?東レリサーチセンター)
「ポストRoHS指令対象の重金属分析」
西大路 宏、大石 学(?東レリサーチセンター)
「超臨界水技術を用いたリグノセルロースからのバイオエタノール生産」
仲田利樹、宮藤久士、坂 志朗
(京都大学大学院エネルギー科学研究科)
「超臨界水技術を用いた木質バイオマスからの有機酸生成」
吉田 敬、坂 志朗
(京都大学大学院エネルギー科学研究科)
「材料破壊制御のマクロ・マイクロメカニックス」
田中 拓(神戸大学大学院自然科学研究科)
「高流動コンクリートの施工設計システム」
熊野知司(摂南大学工学部)
「磁歪法によるトンネル支保構造の非破壊応力測定」
芥川真一(神戸大学工学部)
「新しいソフトマテリアル:液晶ゲル ?液晶とゲルのハイブリッド?」
浦山健治(京都大学大学院工学研究科)
「場の理論に基づく固体材料のマルチスケールモデリング」
長谷部忠司(神戸大学工学部)
「繊維廃棄物を用いた複合材料の成形」
木村照夫(京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科)
「貫通き裂を有する傾斜組成圧電セラミックス厚板の電気熱弾性相互干渉」
畑垣篤志、上田 整(大阪工業大学工学部)
「三次元異方性異種材界面き裂の応力拡大係数解析」
池田 徹(京都大学大学院工学研究科)
「金属キャスク用高強度アルミ材」
金崎 宏(三菱重工業株)
「超塑性Zn-Al合金制震ダンパー」
櫛部淳道(?竹中工務店)

申込締切 平成17年11月18日(金)必着
申込方法 E-mailまたはFAXにて(詳細は下記事務局まで)
申込先 日本材料学会関西支部「材料シンポジウム」係
〒606-8301京都市左京区吉田泉殿町1-101
Tel: 075-761-5324 Fax: 075-761-5325
E-mail: kansai@jsms.jp
http://kansai.jsms.jp/

(以上 日本材料学会関西支部案内より抜粋)