***** seminarMLから情報転載 *****


科学技術振興調整費総合研究「免疫システム」班会議



科学技術振興調整費 総合研究「免疫システムの構築・作動の分子機構とその制御技術の開発」平成17年度
研究課題会議を下記の日程で開催致します。事前の参加登録は必要ありません。皆様のご来聴、討論へのご参加をお待ちしております。




科学技術振興調整費 総合研究「免疫システムの構築・作動の分子機構とその制御技術の開発」
平成17年度 研究課題会議プログラム
日 時: 平成17年9月28日(水)9:00~15:05
会 場: 東京大学医科学研究所 講堂
(アクセス)http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imswww/index-j.html
http://157.82.98.20/imswww/About/Access-j.html


9:00~9:05 科学技術振興機構挨拶

9:05~9:10 研究代表者挨拶  高津 聖志

9:10~9:12 3.免疫システムの再生と制御のための基盤技術開発 概説
サブリーダー 高木 智
9:12~9:25 (1)免疫細胞の恒常性維持の分子機構とその制御・修復
東京大学医科学研究所 高木 智
9:25~9:38 (2)NKT細胞の活性調節技術の確立
千葉大学大学院医学研究院  中山 俊憲
9:38~9:51 (3)免疫器官形成の分子機構に基づく免疫制御技術の開発
徳島大学分子酵素学研究センタ- 松本 満
9:51~10:04 (4)TRAF6の生理機能解明と免疫制御、先端医療への応用
東京大学医科学研究所 井上 純一郎
10:04~10:17 (5)免疫異常症の遺伝子治療・細胞移植治療
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科  上阪 等
コーヒーブレイク
10:35~10:37 4.新世代アレルギー・炎症制御のための基盤技術開発 概説
サブリーダー 高津 聖志
10:37~10:50 (1)Th1/2反応を規定する分子機構とその制御技術
東京大学医科学研究所 高津 聖志
10:50~11:03 (2)LPS認識識別と免疫疾患の発症維持機構およびその制御
東京大学医科学研究所 三宅 健介
11:03~11:16 (3)炎症性腸疾患の発症機構とその制御
東京大学医科学研究所 清野 宏
11:16~11:29 (4)樹状細胞を利用した炎症制御技術の開発
理化学研究所免疫アレルギー科学総合研究センター 改正 恒康
11:29~11:42 (5)サイトカインシグナル制御による炎症制御
千葉大学医学部  中島 裕史
昼食
12:30~12:32 1.免疫システム構築の分子機構とその制御のための基盤技術の開発 概説
サブリーダー 古関 明彦
12:32~12:45 (1)免疫器官誘導における細胞形質維持の分子機構とその制御技術
理化学研究所免疫アレルギー科学総合研究センター 古関 明彦
12:45~12:58 (2)胸腺環境と前駆細胞間の相互作用の分子機構解明
理化学研究所免疫アレルギー科学総合研究センター 河本 宏
12:58~13:11 (3)リンパ球分化制御因子の同定と作用機序解明
東京大学分子細胞生物研究所 宮島 篤
13:11~13:24 (4)パイエル板発生を模倣する培養系の樹立
理化学研究所免疫アレルギー科学総合研究センター 吉田 尚弘
13:24~13:37 (5)免疫器官原基への遺伝子導入技術の開発
東京大学医科学研究所 北村 俊雄
コーヒーブレイク
13:55~13:57 2.個体レベルでの免疫システムの構築・作動原理の統合的理解 概説
サブリーダー 竹森 利忠
13:57~14:10 (1)B細胞免疫記憶制御技術の確立
国立感染症研究所 竹森 利忠
14:10~14:23 (2)腸管リンパ球発達分化の制御技術の確立
慶應義塾大学医学部  石川 博通
14:23~14:36 (3)免疫グロブリンIgM/IgA受容体の機能解明とその制御
筑波大学基礎医学系  渋谷 彰
14:36~14:49 (4)TLRファミリー分子の機能解明と自然免疫制御
九州大学生体防御医学研究所  竹田 潔
14:49~15:02 (5)抗原受容体の多様性獲得の分子機構
熊本大学大学院医学薬学研究部  阪口 薫雄

15:02~15:05 事務連絡

15:30~17:30 研究運営委員会




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。