第41回日本放線菌学会講演会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第41回 日本放線菌学会講演会

主催: 日本放線菌学会(http://www.nih.go.jp/saj/index.cgi)および(独)製品評価技術基盤機構(NITE)バイオテクノロジー本部(http://www.bio.nite.go.jp/)
日時:10月3日(月)、11時からNBRCラボツアー
13時30分から講演会
17時30分から懇親会
場所:かずさアカデミアホール会議室(千葉県木更津市、http://www.kap.co.jp/hall/
講演会場とラボツアーを行うNBRCは徒歩12分ほど離れています。ラボツアー参加希望者は、あらかじめ下記の五十嵐までお申し込み下さい。交通手段と地図をお送りします。
参加費:無料、懇親会費3000円

NBRCラボツアーについて:NITE生物遺伝子源部門(NBRC)は、3年前、わが国のバイオテクノロジー産業基盤拡充のため経済産業省によって創設されたCulture Collectionです。IFO菌株を継承し、東南アジアや極限環境などから積極的に未知微生物の収集保存活動を展開しています。ラボツアーでは、最新の微生物分離同定保存設備を見ていただきます。

11:00 NITE生物遺伝子源部門(NBRC)ラボツアー
12:30 昼休み
13:30 講演会
13:30 『NITEにおける海外微生物の収集活動について』
(独)製品評価技術基盤機構 安藤 勝彦
14:20 『NITEの特許微生物寄託について』
(独)製品評価技術基盤機構 吉田 和子
14:40 _ 14:50 休憩
14:50 『高磁場が生物に及ぼす影響ーストレス環境下の大腸菌を例にー』
東京工業大学 石崎仁将
15:40  『多機能性セスキテルペン水酸化酵素の反応機構解析』
理化学研究所 高橋俊二
16:30 『最近発見した放線菌からの新しい生物活性物質ー探索とその多様性ー』
北里大 供田 洋
17:20 閉会 微生物化学研究センター 五十嵐雅之
17:30 懇親会

連絡先
五十嵐 雅之
(財)微生物化学研究会 微生物化学研究センター
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-23
Phone: 03-3441-4173、Fax: 03-3441-7589
e-mail: igarashim@bikaken.or.jp

(注)会場への交通アクセスには問題がありますので、ご注意下さい。JR東京駅八重洲口発のアクシー号が便利です。この高速バスは予約(0120-889-055)される方が安全です。