茨城の養鶏場で相次いで感染が確認されている弱毒性鳥インフルエンザ。専門家はワクチン不正使用の可能性を強調し、マスメディアの関心も集まるが、もっと重要なことがある。感染の広がりを見る限り、現在の拡大防止措置に効果がないことが明らかなのに、見直しの動きが見えない。これはヘンだ。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。