遺伝子組み換えが成功したかどうかを調べて選抜するための抗生物質耐性マーカー遺伝子は、最終製品に残存してしまうためGM食品の安全性論争の的となってきた。米国の研究者たちが、どうやらブレークスルーの糸口にたどり着いたらしい。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。