食の安全を目指す厳しい制度は時に、滑稽で苛酷な作業を人に強いる。先日、某県の職員が話してくれた農薬に関する事例は、笑って聞くうちにだんだん、不安が押し寄せてきた。これで日本の農業の先行きは大丈夫だろうか? 今週は、アセロラという「マイナー作物」と農薬を巡る話である。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。