専門情報サイト「プロテオーム」で、Virtual Seminar第58回が始まった。今回のテーマは、SuperScript. III Platinum. SYBR. Green One-Step qRT-PCR kit(ABI社機器対応)、ChargeSwitch Total RNA Cell Kit、ProtoArray Human Protein Microarray Kinase Substrate Identification Complete Kitなどの使用例の紹介だ。
 これらを用いて、1) HeLa細胞にCy3ラベルsiRNAをトランスフェクションし内在性遺伝子のノックダウンをABI社PRISMで定量PCR分析、2)HeLa細胞及び293A細胞からMagnetic Beadsを用いて簡便、迅速、高収率で高品質total RNAを精製、3) スライドガラス上の約1700のタンパク質を用いてプロテインキナーゼXの数種類の候補基質を短期間で簡便に同定、を行っています。ぜひご参照ください。

 詳細はここをクリック 、左フレームのバーチャルセミナーを更にクリックしてアクセスできます。右フレームの一番下に表示されます。


+専門情報サイト+プロテオーム+