一流医学誌、British Medical Journal(BMJ)とLancetが共に7月30日号で、興味深い論文や記事を掲載した。以前に載せたインドの研究者Ram B Singhによる論文にねつ造の可能性があることを伝え、彼のこれまでの業績全般に疑いを投げかけているのだ。Singhは、コエンザイムQ10やカルニチンなど日本でも話題の成分や、アーユルヴェーダに基づく食事療法に関する論文を数多く発表している研究者。これは無関心ではいられない。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。

+オピニオン++