ヘマトコッカス藻をバイオリアクターで培養・生産するアスタキサンチンの事業化では、アメリカズカップのヨット開発で培ったシミュレーション技術が活躍──。ヤマハ発動機の宮尾博保常務取締役とコーポレートR&D本部・バイオ事業準備プロジェクトの冨田富士彦プロジェクトリーダーに、バイオセンター編集部の久保田文が迫った記事が、日経バイオテク7月18日号のバイオインテリジェンス欄に掲載された。

 バイオ・インテリジェンスは、2週間ごとの月曜日に発行しているバイオテクノロジーの専門誌「日経バイオテク」オリジナルのコンテンツ。日経バイオテクは、誌面刷新により、バイオ・インテリジェンス欄を一層パワーアップする。