「米国流『消費者団体への徹底批判』術」(6月22日付)と「GMこぼれおち、ずさんな調査で説得力もなし」(29日付)に、さまざまな反響をいただいた。実は、二つのコラムにも関連する内容の本をこの7月に出版した。本の内容も紹介しつつ、食に関する科学情報の読み解き方をもう少し考えたい。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。