***** seminarMLから情報転載 *****



第1回 研究所ネットワーク国際シンポジウム

東京大学医科学研究所、大阪大学微生物病研究所、大阪大学蛋白質研究所、 京都大学ウイルス研究所、金沢大学がん研究所、九州大学生体防御医学研究所の生命系附置研究所が連合して、 国際シンポジウムの開催いたします。

聴講無料ですので、奮ってご参加ください。

日時: 平成17年7月22日(金)~7月24日(日)
会場: 東京大学医科学研究所講堂 及び 医科研病院8階会議室
(地下鉄南北線白金台駅下車)

テーマ: ゲノムシステム医科学 -Bench to Bedsides-
癌、感染症、免疫疾患等の発症機構の理解及びこれらの疾患治療における創薬のアプローチ

招待講演者: 田中耕一(島津製作所)、 Lisa Coussens (UCSF&s_comma; USA)&s_comma; David&s_comma;R. Cox(Perlegen Sci&s_comma; USA)&s_comma; Gideon Dreyfuss(Penn U&s_comma; USA)&s_comma; William J.Muller (McGill U.&s_comma; Canada)&s_comma; Zihe Rao(CAS、China)&s_comma; Renee Reijo-Pera (UCSF&s_comma;USA)&s_comma; Axel Ullrich(Max-Planck&s_comma;Germany)&s_comma; Jean Louis Virelizier (Pasteur&s_comma;France)&s_comma; John N Weinstein (NIH&s_comma; USA)

各研究所からの講演者: 中内啓光、中村義一、古川洋一、三木裕明、宮野悟、森本幾夫(以上東大医科研)、野島 博(阪大微研)、高尾敏文(阪大蛋白研)、下遠野邦忠(京大ウイルス研)、 村上清史(金沢大がん研)、吉村昭彦 (九大生医研)、大学院生及び博士研究員24名

プログラム詳細は下記をごらん下さい。
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imswww/Event/symposium050722-j.htm

問合わせ先: 東京大学医科学研究所 学術連携推進室
e-mail: LOCUS@ims.u-tokyo.ac.jp

*********************************
渡辺 すみ子
東京大学医科学研究所再生基礎医科学研究部門
Phone 03-5449-5663/5664



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。