101回目となる食品安全委員会では、農水省より遺伝子組み換え食品4品目について食品健康影響評価が依頼された。また、佐賀県および同県・嬉野町が構造改革特区に基づき提案した方法により養殖された、トラフグの肝にかかる評価案などについてパブリックコメントを求めることとなった。
この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。