***** seminarMLから情報転載 *****


以下のセミナーは、7月5日に中止が決定しました。お気を付け願います。

       BTJ Webmaster 宮田 満


東京大学医科学研究所
学友会セミナーのお知らせ

開催日時: 平成17年7月7日(木) 16:00~18:00

開催場所: 東京大学医科学研究所 アムジェンホール大会議室
(地下鉄南北線白金台駅下車)

講 師: Dr.Ruslan Medzhitov

所 属:
Howard Hughes Medical Institute&s_comma; Section of Immunobiology&s_comma;Yale University School of Medicine
New Haven&s_comma; Connecticut 06520&s_comma; USA.

演 題: Toll pathway of host defense

概  要:Ruslan Medzhitov博士は、C. Janeway博士の元で、Post docをしていた1997年に、Toll-like receptor(TLR)のクローニングの論文をNatureに発表しました。その後も、TLRを中心とした自然免疫の研究において、世界をリードしてこられた先生です。最近では、TLRの免疫機構における役割をいろいろな角度から解析され、大変先駆的な業績を上げておられます。たとえば、TLRのシグナルによって樹状細胞が活性化されると、制御性T細胞による抑制が解除され、防御反応が誘導されること。死細胞の貪食に比べて、病原体の貪食、消化がより効率的なのは、TLRシグナルがPhagosomeとLysosomeとの融合を促進するためであること。腸管内常在菌と腸管免疫とのバランスにおいて、TLRが大きな役割を果たしていることなどがあげられます。このたび、上原財団の主催するシンポジウムへ出席するために来日されますので、セミナーをお願いした次第です。皆様方のご来場、お願い申し上げます。

世話人  ○感染遺伝学分野 三宅健介
免疫調節分野 高津聖志

*********************************
渡辺 すみ子
東京大学医科学研究所再生基礎医科学研究部門
Phone 03-5449-5663/5664



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。