プロテオーム支援室開設記念シンポジウム;天然・伝承薬物とプロテオーム科学 及び 特別講演会「カナダでの薬学教育と薬剤師体験」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


プロテオーム支援室開設記念シンポジウム;天然・伝承薬物とプロテオーム科学 及び 特別講演会「カナダでの薬学教育と薬剤師体験」

文部科学省「21世紀COEプログラム」拠点形成事業
京都薬科大学 21世紀COEプログラム
「伝承からプロテオームまでの統合創薬の開拓」

プロテオーム支援室開設記念シンポジウム;天然・伝承薬物とプロテオーム科学

日時:平成17年7月16日(土) 13:00~18:30 (懇親会 18:30~)
場所:京都薬科大学 愛学館 愛学ホール
主催:京都薬科大学 21世紀COEプログラム「伝承からプロテオームまでの統合創薬の開拓」
共催:京都薬科大学 創薬科学フロンティア研究センター
協賛:日本薬学会、日本化学会、日本生化学会、日本ペプチド学会、有機合成化学協会、日本農芸化学会
会費:無料

[プログラム]
13:00~ 開会の辞
13:15~14:00 橋本貴美子(京都薬科大学薬化学教室)
「カバの汗はなぜ赤いのか」
14:00~14:45 吉川 雅之(京都薬科大学生薬学教室)
「食品薬学 -薬食同源の視点から創薬を目指す-」
15:00~15:45 後藤 直正(京都薬科大学微生物学教室)
「難治性感染症原因菌の細菌学からゲノミクス -異物排出システム・病原性-」
15:45~16:30 齋藤 一樹(京都薬科大学プロテオーム支援室)
「プロテオーム科学と創薬」
16:45~17:30 南野 直人(国立循環器病センター研究所)
「ペプチドーム・データベースの構築と新規生理活性ペプチドの探索」
17:30~18:15 戸田 年総(東京都老人総合研究所)
「老化と疾患のプロテオーム解析」
18:30~ 懇親会(本学愛学館食堂にて、会費無料)

[申込方法]
参加申込は、7月12日(火)までに下記Webページよりお申込下さい。Webページをご利用できない方は、(1)お名前・フリガナ、(2)ご所属、(3)職名、(4)ご住所、(5)お電話番号、(6)懇親会参加希望の有無、(7)連絡先E-mailアドレス を下記連絡先までお知らせ下さい。

[連絡先]
〒607-8412 京都市山科区御陵四丁野町1
京都薬科大学 21世紀COEプログラム
「伝承からプロテオームまでの統合創薬の開拓」
拠点リーダー 木曽 良明
TEL : 075-595-4636,FAX : 075-595-4787,
E-mail : coe@mb.kyoto-phu.ac.jp
Webページ:
http://www.kyoto-phu.ac.jp/coe/ja/event/event2005/08.html



----------------------------------------------------------

文部科学省「21世紀COEプログラム」拠点形成事業
文部科学省学術フロンティア推進事業
創薬科学フロンティア研究センター特別講演会


「カナダでの薬学教育と薬剤師経験」

演者:Jeffrey-Tri Nguyen
Ph.D.(Pharm.Sci.) B.Sc.Pharm. RPEBC
京都薬科大学・研究員

Nguyen博士は、カナダの薬剤師経験を持つ医薬化学研究者です。講演は主に日本語を使用しますが、母国語は英語ですのでTechnical Termsは英語を使います。

〔開催要項〕

日時 : 2005年 7 月 9 日 (土) 14:30~ 15:30
会場 : 京都薬科大学 創薬科学フロンティア研究センター・4F会議室
(〒607-8412京都市山科区御陵四丁野町1)
共催 : 京都薬科大学創薬科学フロンティア研究センター
京都薬科大学21世紀COEプログラム 「統合創薬の開拓」
参加費 : 無料 (申込不要)

[連絡先]

〒607-8412 京都市山科区御陵四丁野町1
京都薬科大学薬品化学教室
木曽 良明
E-mail : kiso@mb.kyoto-phu.ac.jp
TEL 075-595-4635  FAX 075-591-9900
Webページ:
http://www.kyoto-phu.ac.jp/coe/ja/event/event2005/07.html