2005年3月より議論の重ねられてきた、外食向けの原料原産地表示ガイドライン「原材料における原産地表示のガイドライン」が、6月13日にまとめられた。飲食店に対して表示を強制する性質のものではなく、これまで外食において原産地表示に関するルールなどが全くなかったため、指針として目標を定めたもの。

この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。