8日、厚生労働省、農林水産省により第3回目となる「牛の月齢判別に関する検討会」が開催され、米国農務省より再提出のあった報告書について検討。「サンプルの偏りなど統計学的分析に制約はあるが、月齢と成熟度に相関関係があると認められる」といった意見が出され、「牛の月齢判別に関する検討会報告書(案)」がまとめられた。

この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。