2月3日に、農林水産省消費・安全局の主催により農林物資規格調査会総会が開かれ、新しいJAS規格として、有機畜産物、有機畜産物飼料、有機加工飼料、生産情報公表農産物の4つについて承認された。この中で、生産情報公表農産物はいわゆるトレサビ青果物のJAS規格。生産情報公表牛肉、生産情報公表豚肉に続くもので、今回の承認により今年の秋以降にはトレサビJASマークを付した青果物が店頭にお目見えすることとなった。

この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。