第2回生命工学トレーニングコース(DNAマイクロアレイ)が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第2回生命工学トレーニングコース
(DNAマイクロアレイ)開催の御案内
http://web.kanazawa-u.ac.jp/~gene/index.html

第2回生命工学トレーニングコース
“遺伝子工学・高等技術コース”
多細胞生物の全ゲノム塩基配列も次々と解読され、その結果明らかになった数万にも及ぶ多数の遺伝子を網羅的に解析するために考案されたDNAマイクロアレイ(DNAチップ)技術も改良が進み、実用化の時代を迎えました。そこで本トレーニングコースでもこの技術を取り上げました。マイクロアレイによる遺伝子発現解析の導入を検討されている方や興味のある方は奮ってご応募ください。

1. 対象:大学、病院、試験研究機関・民間企業の研究者・技術者及び大学院生

2. 内容:
・マイクロアレイ解析の原理と実験に必要な機器・試薬の概要
・total RNAの抽出とバイオアナライザーを用いた品質チェック
・直接標識によるCy3及びCy5ラベル化cDNAの作成及び精製
・cDNAアレイスライドとのハイブリダイゼーション・洗浄
・蛍光検出とデータ解析
・プレアレイスライド(アジレント社等)の紹介
・トレーニングコース中、アレイ解析を行っている研究者により、セミナーを行う予定です。

3. 日時:2005年2月28日(月)9:00 AM~3月2日(水)6:00PM

4. 場所:金沢大学学際科学実験センター遺伝子研究施設

5. 募集人員:10名(学外分)

6. 参加費:¥46800(テキスト・材料費代、消費税込)(金沢大学所属の方には大学より講習料が補助されます。) 懇親会費・茶菓子等代¥6000

7. 申込み方法:氏名(ふりがな)、性別、年齢、 勤務先、職名、勤務先住所、電話・ファックス番号、連絡先(自宅の場合は住所、電話・ファックス番号)、現在の研究内容(できるだけ詳しく)を下記宛に郵便、ファックス、Eメールのいずれかで送ってください。

8. 〒920-0934 金沢市 宝町13ー1
金沢大学学際科学実験センター遺伝子研究施設 生命工学トレーニングコース係
Fax: 076-234-4537
E-mail: yamaguti@kenroku.kanazawa-u.ac.jp

9. 申込み〆切: 2005年2月18日(金)(必着)
参加決定は各応募者宛2月21日(月)までに通知いたします。

*講習内容の問い合わせは、
遺伝子研究施設・山口和男(Tel: 076-265-2771)までお願いいたします.