皆さんに広く知っていただきたい。でも、私の重要な情報源の1つなので、正直に言ってあまりネタバラシはしたくない。とはいえ、役立つのでやっぱり読んでいただきたい。そんな素晴らしいブログがある。先日、筆者とじっくりお目にかかることができたのでご紹介しよう。食品安全blogである。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。