昨年11月、Natureにも掲載された英国のThe Bright Link project報告書が、英国学士院から公表された。4年間にわたり実施された野外栽培実験の結果、春播きの除草剤耐性GMサトウダイコン栽培は、その管理方法に留意するなら小鳥などの野生生物に対し悪影響を与えず、むしろベネフィットがあるとの結論である。
この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。