NISTEP 国際コロキアムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


サイエンスコミュニケーションのひろがり
??縫い目のない文化(シームレス・カルチャー)を実現するために??
Seamless Culture Through Science Communication
◈◈◈開催趣旨◈◈◈
洋の東西を問わず、文系と理系、サイエンスとアートなどという分け方が存在し、それぞれの間には深い溝があると言われています。しかし、たとえば文系と理系それぞれの中にもたくさんの溝が存在します。ならばいっそのこと、すべての溝を埋めて、縫い目のない文化(シームレス・カルチャー)を実現してみませんか。それがまた、理科離れを解消する最短の道となることでしょう。今回のワークショップでは、英米韓日の優れたサイエンスコミュニケーターをお招きし、その方策について話し合います。サイエンスコミュニケーションに関心をお持ちの多方面の方々のご参加をお待ちします。

(※敬称略)
◈◈◈プログラム◈◈◈
Ø 日時: 2005 年 2 月 7 日 (月) 9:45 ~ 18:00
Ø 会場: コクヨホール (先着 250 名 無料) http://www.kokuyo.co.jp/service/kokuyohall/map.html
Ø 対象: この分野に関心をお持ちの専門学校生・大学生以上の方
Ø 使用言語: 日本語・英語 (日英同時通訳がご利用になれます)
Ø 司会進行: 黒山 ひろ美 (テレビ番組キャスター)
基調講演 1 オーブリー・マニング Aubrey Manning
「好奇と歓喜??科学は文化の一部となる」
エジンバラ大学名誉教授。動物行動学者。BBC - Landscape Mysteries のプレゼンター。
著書『動物行動学入門』
基調講演 2 リン・マーギュリス Lynn Margulis
「知の方法としての科学??進化の叙事詩」
マサチューセッツ大学アマースト校教授。細胞生物学者。細胞共生説の提唱者。
著書『細胞の共生進化』『共生生命体の30億年』ほか
第 1 セッション 「縫い目のない文化を語る」
スティーヴン・ミラー Steven Miller (ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ教授)
「ヨーロッパのサイエンスコミュニケーション??2つの文化問題を超えて」
チョ・スックギョ Sook-Kyoung Cho (韓国科学財団国際部長)
「韓国における科学技術公衆理解??韓国科学財団の取り組みを中心に」
ドロン・ウェーバー Doron Weber (スローン財団公衆科学理解増進プログラムマネージャー)
「2 つの文化は解消できるか??スローン財団の取り組み」
第 2 セッション 「科学が絡むともっとおもしろい?」
イラン・チャバイ Ilan Chabay (ニュー・キュオリシティショップ代表)
「子供のカルチャーに科学を持ち込む ??熱中できるロールプレイングコンピュータゲームを窓口に」
渡辺 政隆 (科学技術政策研究所上席研究官)
「おしゃれな科学」
木村 政司 (日本大学芸術学部教授)
「アート + サイエンス = カルチャー」
第 3 セッション 「科学のひらめきとかがやき」
コーディネーター: 高柳 雄一 (電気通信大学教授)
ゲスト: 中谷 日出 (NHK 解説委員)稲蔭 正彦(慶應大学環境情報学部教授)ほか
オプショナルセッション 「科学茶房」(18:00 ~ 19:30)
(コクヨホール・レセプション会場にて、ドリンク片手に楽しく科学を語らいます。ふるってご参加下さい。)
◇ お問い合わせ・申し込み先:

政策研国際コロキアム事務局 (株式会社サイマル・インターナショナル内)
〒 105-0001 東京都港区虎ノ門 1-25-5 虎ノ門 34MT ビル 1F
Email : nistep@simul.co.jp ; TEL: 03-3539-4502 ; FAX: 03-3539-4533

◇ 申し込み方法:
上記事務局宛に、Email、ファックスまたはハガキで、住所・氏名・年齢・職業(学校)を明記の上、オプショナルセッション参加希望も含めてお申し込み下さい。後ほど参加票をお届けします。
◇ 参加申し込み締め切り日: 2005 年 1 月 21日 (金) 【枠に残りがあれば、その後も受け付けします。】
◇ 政策研内担当: 第2調査研究グループ
◇ チラシ (PDF) もご参照ください。
http://www.nistep.go.jp/index-j.html