***** seminarMLから情報転載 *****


臨床研シンポジウムのお知らせ


東京都臨床医学総合研究所では、開所30周年の記念シンポジウムを来年1月に開催いたします。参加は無料です。大学院生の方、大学・研究機関の先生方、
どうぞふるってご参加ください。

---------------------------------------------------------------------

新しい生命科学の潮流--臨床研OBを招いて--

日時:平成17年1月21日(金)  10:00~17:30
場所:東京ガーデンパレス 文京区湯島1-7-5 (03-3813-6211)
 お茶の水駅より徒歩10分
主催:(財)東京都医学研究機構 東京都臨床医学総合研究所
プ ロ グ ラ ム

【第1部  司会:生命情報研究部門 部長 佐内 豊】

10:00-10:10  開会の挨拶  新井賢一 (研究統括顧問)

10:10-10:30  演題1   野本 明男(東京大学)
「ポリオウィルス複製と神経細胞」

10:30-10:50  演題2   烏山 一 (東京医科歯科大学)
「IgE/IgE受容体を介する新たな慢性アレルギー炎症誘発機構」

10:50-11:20  休 憩  (コーヒーブレイク)

11:20-11:40  演題3   稲垣 冬彦 (北海道大学)
「自然免疫の構造生物学」

11:40-12:00  演題4   小安 重夫 (慶應義塾大学)
「免疫系におけるPI3キナーゼの機能」

12:00-12:20  演題5   西道 隆臣 (理化学研究所)
「Aβ代謝とアルツハイマー病」

12:20-13:30     昼 食

【第2部  司会: 副所長 田中 啓二】

13:30-13:50  演題6   瀬原 淳子(京都大学)
「形態形成におけるADAMプロテアーゼの役割」

13:50-14:10  演題7    鈴木明身 (理化学研究所)
「二つの水酸化反応と糖鎖生物学」

14:10-14:30  演題8   梅田 真郷 (京都大学)
「温度と生物:ショウジョウバエ温度嗜好性変異体の樹立と解析」

14:30-14:50  演題9   大野 茂男 (横浜市立大学)
「細胞極性制御の分子機構」

14:50-15:10  演題10   浜田 博司 (大阪大学)
「体の非対称が生じる仕組み」

15:10-15:40   休 憩 (コーヒーブレイク)

【第3部  司会: 副所長 米川博通】

15:40-16:00  演題11   米原 伸 (京都大学)
「Fas誘導細胞死シグナル分子の多様な生理機能」

16:00-16:20  演題12   宮坂 昌之(大阪大学)
「リンパ球はどのようにして自分の行き先を知るのか?」

16:20-17:00  特別講演  矢原 一郎(医学生物学研究所)
「社会と医学研究」

17:00-17:10  閉会の挨拶

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
原 孝彦
財団法人東京都医学研究機構
東京都臨床医学総合研究所 広報委員長
腫瘍生化学研究部門 室長
113-8613 東京都文京区本駒込3-18-22
電話:03-4463-7595
ファックス:03-3823-1418
電子メール:thara@rinshoken.or.jp
ホームページ:http://www.rinshoken.or.jp/org/TB/index-jp.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。