ヨーロッパコーンボーラー(アワノメイガの幼虫)は、米国トウモロコシ産業に毎年何十億ドルという損失を与えてきた。これに抵抗性を有するBtトウモロコシは、1997年Monsantoにより市場に導入されるや米国農家から絶大な支持を集め、今や米国産トウモロコシの約4分の1を占めるに至っている。先週は、その特許権を巡る係争が耳目を集めた。

この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。