ゲノムリテラシー講座が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。





 平成17年1月11日(火)にゲノムリテラシー講座を開催します。詳細な内容および受講希望の登録はこちらです。募集の〆切は12月21日(火)です。


 科学技術振興事業団は平成15年10月より独立行政法人 科学技術振興機構になりました。


バイオインフォマティクス推進センター(JST BIRD)

BIRDトップページでは、BIRD業務内容、BIRDが支援している研究開発内容、公募のお知らせ、ゲノムリテラシー講座のご案内、WINGに加え、研究開発支援及び公開のためにBIRDに設置されているゲノム情報科学サーバシステムの情報、BIRDが提供又は関係する各種サービス(ALIS、GBIF、PGE、バイオインフォマティクス相談、Webラーニングプラザ等)、BIRDが支援した研究開発により高度化された各種データベースへのリンク集等を提供します。



バイオインフォマティクス推進センター(BIRD)とは・・


 バイオインフォマティクスを推進し,生物科学と情報科学が融合し,生命の原理を解明する研究開発を支援することを目的として設立されました。


 バイオインフォマティクス推進センターの事業の一環として現在提供している主なサービスは以下の通りです。



  1. HOWDY(ヒトゲノム情報統合データベース)

    HOWDYは,遺伝子,塩基配列,マップ,SNP等のヒトゲノムのデータベースから,リンクを持つすべてのデータを検索するデータベースです。このHOWDYに,バッチ検索機能が加わりました。

    従来のHOWDYではブラウザ上でクエリーを受け付け,オンラインでのみ結果を返していました。今回,検索結果を電子メールで返信するバッチ検索機能を公開したことにより,ユーザーはXML形式のクエリファイルを用いて1回に複数のクエリを投入することや検索結果については電子メールにてXML形式のファイルを受け取ることが可能となっています。このため,ユーザ側で検索結果データを加工しやすくなっています。


  2. Genome Scenario(ゲノム解析統合環境)

    従来よりサービス提供しておりましたDNAマルチプルアラインメント,YEBIS(原核生物遺伝子予測ツール),GeneWalker(ヒトゲノム遺伝子予測ツール),Homology Search (BLAST,PSI-BLAST,SSEARCH)などのツールを組み合わせて解析するインターフェースを作成いたしました。これにより,ユーザはツールを組合せた解析の筋書き(シナリオ)をGUI上で作成するだけで,従来手間のかかっていたツール間のデータの切り出し・投入の作業を省くことができ,複雑な解析が簡単にできるようになっています。このツールはWebから御利用いただけます。なお,従来よりサービスしておりました各ツールについては単体でもお使いいただけます。

     

  3. JSNP(日本人標準SNPsデータベース)

    東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターと共同で開発している JSNPに,(社)バイオ産業情報化コンソーシアム(JBIC)によるアレル頻度解析データを追加しております。これにあわせアレル頻度解析情報を有するSNPのみに制限する検索ができるようになっております。
    2002年10月21日 第13回公開 193037 SNPs. うち,78570 SNPsに アレル頻度解析データがあり、アレル頻度別の検索ができます。

  4. バイオインフォマティクス相談

    ゲノムリテラシー講座に参加できない方や講座を受講するほどではないけれどちょっとした疑問・質問があるといった方を対象として、新たに「バイオインフォマティ クス相談」を開設いたしました。 Web上にメールアドレスと質問内容を入力すると、回答が登録したメールアドレスへ返信されます。


  5. HGSページ(ヒトゲノムシークエンシング)

    JSTのヒトゲノムシークエンシング事業の公開ページに,事業終了後に更新されたデータとして,6番染色体,6p21.3のアノテーション情報を追加いたしました。NCBIのコンティグデータにJSTシークエンシングデータをマップ表示しています。

     


  6. GDB日本ノード

    ヒトゲノムに関する実験資材の情報が特に充実しています。専任のキューレーターがデータを日々更新しています。




御利用いただきました御意見,御感想をおよせください。今後のサービスに取り入れてまいります。また,各種パンフレット等もございますので,メールにて御請求下さい。